読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITくる前にやっとけっつぅn個のこと

色んなエンジニアさんみてて思った、IT業界来る前にこのくらいやっとけよっていうこと書いていきます。あるある50%個人的見解50%な業界参考書。

鼻毛切っとけ

オシャレに決めてこいなんて言わない

「常識的に考えてあり得ないよね?」と
鼻毛を奔放に伸ばした輩がしたり顔で言う。

 

なぜだろう、私がお世話になったIT関連の現場には、"身だしなみ制御"がエラーしてる方が多い。

 

 

私は人と話すとき、しっかりと相手の顔を見るので、どうしても気になる。

 

寝癖くらいなら全然いい。

 

目ヤニ、長い頬ヒゲ、荒れた唇、そして鼻毛。

 

気になって話が入ってこないから目線を落とすと、長い爪。それを机にカツカツと打ちつけていたりする。更に目を落とすと擦り切れそうな革靴を履いていたりする。

 

これらを全て備えたツワモノはなかなかいないが、幾つかを持った方は広いフロアなら5、6人はいる。

 

また、嗅覚を刺激してくるパターンもある。

 

野生の生き物のニオイ。もう少し何か足せばコクのあるラーメンスープの香りに昇華しそうな独特の濃いニオイ。カビの化身か?と思う程のむせるようなニオイ。

 

こういった人たちは、お風呂に入るという一般的な習慣について、石鹸やシャンプーの会社が企てたビジネス戦略だと考え、抗っているのだろうか。

 

仕事さえしていれば問題ないだろと思っているのかいないのかはわからないが、少なくとも私は、そんな人がどれほど仕事ができようが、鼻毛の長さの分だけ、あるいは刺激臭の強さの分だけ評価を下げてみてしまう。

 

僅か数分、数十分で解決するであろうことを怠っている。そこにその人の業務スタイルが垣間見えている。

 

きっとどこかで手を抜く。不適切なお座なり対応をする。そして、さほど気にしない。そんな風に思えてしまう。

 

該当するひと、心当たりがあるひとは、是非とも改善して欲しい。職場に赴き人と対面する以上、それも業務準備である。

 

スキル高い人は尚更。玉に瑕とは正にこのこと。
つまらないことで100点の評価が99点になるのは非常にもったいない。

 

というわけで

 

IT来る前に

鼻毛切っとけ