読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ITくる前にやっとけっつぅn個のこと

色んなエンジニアさんみてて思った、IT業界来る前にこのくらいやっとけよっていうこと書いていきます。あるある50%個人的見解50%な業界参考書。

思いやり溢れる資料作れるようにしとけ

求む"優しいドキュメント"

「資料出来ました!」と後輩が
ニッコニコで見せてくれたエクセルファイル。

 

レインボーなセル達に、あちこちに伸びるクネクネの矢印。
あれだ、ガンダムに出てきたファンネル?みたいな。

 

眩しい笑顔に圧されて言えなかったが、何ひとつわからない資料だ。

 

作者を眼前にしている私がこれだけ渋面を晒すのだ。
この資料がひとり歩きしたら、本人に聞かせる事が出来ないような罵詈雑言の嵐となるだろう。

 

しかし、決して的外れな内容ではない。主旨は理解しているのだ。
見せ方。見せ方なのである。

 

特別な技術なんていらない。必要なのは"思いやり"だ。

 

私は人に見せるファイルには、なるべく3色以上の色は使わないようにしている。
使ったとしても色調の同じもので統一する。

 

エクセルでセル色(塗りつぶし)を選ぶ際のカラートレイで言うと、横一列の色のみで構成する。

赤、緑などの原色は厳禁。淡色しか使用しない。

 

文字フォントは「メイリオ」、サイズは最大14pt、最小は基本的に9ptまで。

表以外の枠線は非表示にして背景は真っ白にする。

 

一番言いたいことを一番上に。その下に詳細な背景、解説図など。


集計表などでは、最も皆が知りたがっている値を目立つように最上部に大きく表示。

 

文章なら結論を、会議アジェンダならゴール(決めるべきこと)を。

 

とにかく見せる相手がドキュメントの中で迷子にならないようにしっかりとやさしーく誘導する。

 

数式やマクロでシステマチックに見せつけるのも悪くはないが、それは相手を見てやるべきだ。

 

特にご年配の上司に対しては、VLOOKUP関数でチャカチャカ変わるグラクより、

 

老眼に優しい大きめの字で、結論が簡潔に書かれていた方が有難い場合もある。

 

というわけで

 

IT来る前に

思いやり溢れる資料作れるようにしとけ

 

鼻毛切っとけ

オシャレに決めてこいなんて言わない

「常識的に考えてあり得ないよね?」と
鼻毛を奔放に伸ばした輩がしたり顔で言う。

 

なぜだろう、私がお世話になったIT関連の現場には、"身だしなみ制御"がエラーしてる方が多い。

 

 

私は人と話すとき、しっかりと相手の顔を見るので、どうしても気になる。

 

寝癖くらいなら全然いい。

 

目ヤニ、長い頬ヒゲ、荒れた唇、そして鼻毛。

 

気になって話が入ってこないから目線を落とすと、長い爪。それを机にカツカツと打ちつけていたりする。更に目を落とすと擦り切れそうな革靴を履いていたりする。

 

これらを全て備えたツワモノはなかなかいないが、幾つかを持った方は広いフロアなら5、6人はいる。

 

また、嗅覚を刺激してくるパターンもある。

 

野生の生き物のニオイ。もう少し何か足せばコクのあるラーメンスープの香りに昇華しそうな独特の濃いニオイ。カビの化身か?と思う程のむせるようなニオイ。

 

こういった人たちは、お風呂に入るという一般的な習慣について、石鹸やシャンプーの会社が企てたビジネス戦略だと考え、抗っているのだろうか。

 

仕事さえしていれば問題ないだろと思っているのかいないのかはわからないが、少なくとも私は、そんな人がどれほど仕事ができようが、鼻毛の長さの分だけ、あるいは刺激臭の強さの分だけ評価を下げてみてしまう。

 

僅か数分、数十分で解決するであろうことを怠っている。そこにその人の業務スタイルが垣間見えている。

 

きっとどこかで手を抜く。不適切なお座なり対応をする。そして、さほど気にしない。そんな風に思えてしまう。

 

該当するひと、心当たりがあるひとは、是非とも改善して欲しい。職場に赴き人と対面する以上、それも業務準備である。

 

スキル高い人は尚更。玉に瑕とは正にこのこと。
つまらないことで100点の評価が99点になるのは非常にもったいない。

 

というわけで

 

IT来る前に

鼻毛切っとけ

 

はじめに

ITに生息する"惜しい"人々

私は色んな企業さんのプロジェクトをお手伝いしてきて、それはたくさんの人たちと出会いました。

 

そんな中で痛感したのが、技術力はすごい(と思われる)のだろうが、社会人として、人として、あるいは男、女として「惜しい」人の多いこと!

 

ここでは単なる中傷ではなく、そういった「惜しい」人に気づいてもらうため、あるいはこれからIT(に限らずかもだが)の業界に入ろうとしている人たちに「準備」してもらうための「訓告」めいたことを目的としている。

 

とはいえ、管理に悩むPMさんやPLさんが読み漁っている自己啓発本に書かれているような話はするつもりはなく、もっともっと現場視点の、ナノレベルな事を書いていくつもり。もう、隣の席で起こっているようなちっちゃいこと。

 

けど、それってホント大事な事で、そういう些細な事で人は不機嫌になったり、モチベさげたりするわけで。

 

あくまで私が経験したり、聞いたりしたことを元に、率直な感想やら意見を書くだけなので、異論、反論はたっくさんあると思うが、そういった声も聞いてみたいという思いも込みでやってみたいので、コメントなどをもらえると有難い。

 

議論したいと思えば返信するし、琴線に掠りもしなければ放置するかもしれない。悪しからずご容赦いただきたい。